まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「幸せ」はどこにある??

 いささか宗教的なタイトルですが、中高年を生きていると、何となく思うんですよ、「幸せ」っていうのは案外身近なところにあるんじゃないか、ってね・・・。

 

 よそ様と比べたり、高望みしたりすれば、「自分、全然ダメじゃん・・・」ってことになるかもしれませんが、そのザワザワした気持ちを少し脇に置いて、落ち着いた気持ちで我が身を振り返ってみれば、小さな「幸せ」が幾つかそばにあることに気づけるかも・・・。

 

 人生は思い通りにならないことがたくさんあります。そう思って周りを見れば、他の人がずいぶん満ち足りて暮らしているように思えたりする・・・。

 でもね、私たちが日々の暮らしの中で、当たり前に思っているアレコレ、フツーにやっているアレコレ等々が、実は「幸せ」につながっているものかも知れないんです。

 

 「幸せ」を感じながら暮らす、ってことは、「幸せ」に気づけることだと私は思うんですよね。

 だから、何気ない日常に隠れている小さなそれらを探してみてはいかがでしょう・・・。

 初めのうちは、探すのに苦労するかもしれませんが、1日にひとつ探す努力を続けていけば、やがては、自然にささやかな何かに幸福感を抱ける心になっていくんじゃないかなぁ・・・。その心は、人生に豊かさと穏やかさを運んでくれると思います。そんな風になりたいよねぇ〜。

- | permalink | comments(0) | - | pookmark

情報過多

 新型コロナウィルスに翻弄され続けている日々の中で感じることがあります。それは、様々な情報があふれすぎているなぁ〜ということ・・・。

 

 毎日の報道番組では、最新の情勢やコロナとの戦い方などに関しての「専門家」・専門外の「コメンテーター」・「政治家」等々の意見が様々に語られます。また、日本から見た世界や世界から見た日本のとらえ方も色々です。治療薬候補の薬に対してだって見解がそれぞれ・・・。

 

 一般庶民の私からすれば、どれが正しいのかよく分からなくなるんだよね・・・。初めの頃は、分からないままに流れる情報に一喜一憂している自分がいましたが、最近はそれをやめることにしています。

 

 専門家にしても、その「専門」の立場によって視点が微妙に違って当たり前だし、学者だから自分の見解に自信をもつのも当然だし・・・、それはコメンテーター等でも同じでしょう。番組に出ている彼らは一生懸命に自分の役割を果たそうとしているだけのこと・・・。

 

 大事なのは、情報の「受け手」である私たちなのかもしれません。

 情報を取り入れることは大事なことですが、取捨選択をちゃんとやらないと、ね。

 新型コロナウィルスに関しては、まだまだ真相が分からないのが事実です。なので、今後も様々な見解が示されるでしょう。そういうあふれる情報に対して、私は、いたずらに振り回されて一喜一憂せずに、「ほぉ〜、そういう視点があるのか・・・」という風に押さえておこうと思っているんです。

 

 まだはっきりした光は見えませんが、情報を上手に取り入れながら、自分でできる予防策や可能な自粛を心がけてまいりましょう。

- | permalink | comments(0) | - | pookmark

「心理学教室」を再開します

 今年の大型連休はとても静かな日々だったような気がします。外の風景もそうですが、心の中も浮かれることはありませんでしたから・・・。私は夫と一緒に家の中の環境整備(?)に精を出して過ごしました。まぁおかげで家中がスッキリしました。

 

 さて、オフィスの営業ですが、5日の岩手県の方向性を踏まえ、今まで自粛していた「心理学教室」の受講を通常通りに戻します。お勉強を再開したい方はどうぞお問い合わせくださいませ。

 その日学ぶテーマだけでなく、コロナ禍で感じていること等々も含めて色々なことを自由に語り合いましょう。

 

 なお、換気のために窓を開けているので、外の音が入ってきてしまいますが、ご了承くださいませ。また、マスク着用についても・・・。

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | - | pookmark

カメムシ再来・・・

 少し前のことですが、仕事を終えて帰宅し、居間でくつろいでいた時に、なんか不快臭が漂ってきたんです。

 なんとそれは、往年の宿敵「カメムシ」の臭いだったんですなぁ〜。・・・で、ミーがそばに座っていたので、もしやと思い、抱き上げてくんくん臭いを嗅いだら、腰〜後ろ足の辺りにカメムシ臭が・・・、なぬっ!!と思いましたよ。

 

 急に抱き上げられたミーは目を丸くしてキョトンとしていましたが、私の交感神経は一気にマックス状態になりました。

 軽いフラッシュバックと言いますか、山の中の小さな学校に赴任していた頃にヤツと格闘していた日々の記憶が蘇ったわけで・・・。特に、入浴中にヤツが天井から湯船にポトンと落ちてきた瞬間の衝撃がね・・・。

 

 どこからか家の中に侵入したカメムシが、居間を歩いている途中でミーの身体に接触したのかも知れぬ・・・と思い、必死に部屋中を捜索しました。でも、どこを探せどヤツの姿は見えなかったんです。

 あの臭いは忘れもしないカメムシ臭だったと、私は断言できますが、・・・いったい何がどうしたのやら・・・。

 

 長いことカメムシとは無縁の暮らしをしていたので、すっかり安心しきっておりましたが、不意打ちを食らった感じです。このやられた感が実に口惜しい・・・。

 

 けれども、おかげでこの日はしばらくの間コロナのことは考えずにすみました。

- | permalink | comments(0) | - | pookmark

変化が迫られる時

 今日から5月です。

 ・・・新型コロナウィルスのことを初めてニュースで知って以来、もう数ヶ月が経ちましたが、なかなか出口が見えない日々が続いています。

 

 みんな今は張り詰めた気持ちを維持できているけど、連休が明けてからの日々が心配です。人は、期限があるとそこまでは頑張れるけど、その先が見えなくなるとストレスが高まりますから・・・。

 もう世界中がこうなってしまった以上は、過度な期待は保留して置き、まずはその日その日を過ごすってことを淡々と続けていくしかないのかもしれません。

 

 今までのフツーの暮らしをもぎ取られてから、色々考えます。

 

 私は歴史のことは詳しくはないんですが、もしかしたら、人類の歴史上の「変化」というのは、何か最大級の困難な出来事をきっかけに起こってきたんじゃないでしょうか・・・。

 否応なく追い詰められ、その状況に適応していこうとした結果、それまでの在り方等が大きく変わっていった・・・的な???

 実際に日本でも、「働き方」や「学び方」や「家での過ごし方」等々が見直されてきています。急に、様々な車輪が動き始めているような・・・。

 

 私たちは今まさに「時代が変わっていく」現場を、当事者の一人として目撃しているのかもしれませんね。であるなら、しっかりとここを生きぬいていきましょう。

- | permalink | comments(1) | - | pookmark