まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

冬に向かう

 12月に入って寒さが一段と増してきました。晴れた日は陽射しが暖かいけれど、空気はピンと張り詰めています。暖冬になりそうだとはいえ、これからは、雪も降り、気温も氷点下を超えるようになるでしょう。まぁ冬になったんだから仕方が無いね・・・。

 

 我が家の庭は静かです。先日、庭一面に腐葉土を毛布代わりにかけて今シーズンの庭仕事を終えました。

 寂しく静まりかえった庭で頑張っているのは、ビオラと地植えのシクラメンですが、彼らの元気な色を眺めるだけでなんだかホッとするんだよなぁ〜。

 

 この時期になるといつも思うことがあるんです。それは「命は目に見えないところで、春に向けて着々と準備をし続けている」ってこと・・・。球根や宿根草やこぼれ落ちた花の種たちは、やがて花開く日のために土の中で休みなく準備をしているだろうし、虫さんたちだって元気に動き回る日のためにエネルギーを溜めているんだよね。

 当たり前のことなんだけど、なんか人生にも言えるよなぁ〜と思うんですよね。

 

 私たちの人生にも「冬」に向かう時がある・・・。そういう時が自分に訪れることがあるんです。抗おうとしてもがいてもエネルギーを消耗するだけ、っていう日々がね・・・。

 そんな時はジタバタせずに、今の自分がやれる何かを淡々と続けていくのがいいんじゃないかなぁ・・・。苦しいなぁと感じながらも、自分が出来ることを続けていく先に、出口の光が見えてくると私は思っています。

 大事なのは、必ず春が来ることを信じることと、自分が花開くイメージをしっかり心に描くことだと思います。スピードを落としてもいいから止まっちゃいけない・・・。

 

 「冬」は厳しい日々が続きますが、土の下ではたくさんの命たちが次のチャンスに向けて黙々と活動し続けていることを、そんな彼らは苦しい日々を共に乗り越えていく仲間であることを心に留めておこうと思います。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

中年期の生き方 7

 「中年期」のテーマとして、今までは柔軟性の獲得について書いてきましたが、もう一つ大事なものがあります。それは、「人生の問い直し」・・・。

 

 中年期に入った頃に、人々の心にどんな思いが出てくるのかを調べた学者さんがいますが、それによると以下のような思いを抱くようで・・・。

  ○私は今までの人生で何を成し遂げられたんだろう?

  ○若い頃の夢で叶ったものは何だろう?そして、叶えたいものは?

  ○私はこの人生に満足しているのだろうか?          等々・・・。

 

 これらの問いは、テイストとしては「後悔」っぽくみえますが、実は、将来を見据えて「人生をより充実させたい」というポジティブな思いが根底にあります。

 老年期を前にしているからこそ、原点に立ち返り、今後の人生をもっと豊かにするためには何が必要か?と自分自身に問い、答えを模索していくことで、人格的にグレードアップしていくわけで・・・。

 

 ただね、これらの問いが心の中に生まれてくると、今の生活全般や自分自身を見直すようになるので、それまで考えないようにしてきたアレコレについての葛藤が生じることも・・・。

 そんな時には、ヒントを得るために友人とゆっくり語り合ったり、本を読んだり等々ということが必要になるかもしれません。ひとりで悶々としていても、考えることは堂々巡りになるので、外からの刺戟があった方がいいからねぇ・・・。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ボカロ

 時々、生徒さんから「ボカロが好き!」という言葉を聞きます。なので、私は「これオススメ!」と紹介された曲を聴いてみるんですが、案外いいんですよ、これが・・・。

 

 以前に『神様からのアンケート』っていうのを聴いたけど、なんか気に入ったんで後からも何度か聴きましたよ。それからね、先週教えてもらって聴いた『命に嫌われている』と『聞こえていますか』っていう曲も良かったねぇ〜。おばはんの私でも、なんか共感できるっていうか・・・。

 

 「ボカロは、売り上げとかを考えて作るんじゃなくて、作者が作りたいものを作っているので想いがいっぱい入っている」そうですが、確かに、現在進行形の若者たちの心性を感じられるような気がします。揺れ動く若者の心だけじゃなくて普遍的なテーマもあるし・・・。

 機械的な歌声にも、私はそれほど抵抗はないな・・・。

 

 ・・・ただね、早口で歌っとるから、中高年の私の耳がついていかんのだ。字幕に助けられて、やっとその世界に入っていける。

 

 

<余談>

 早口で歌う歌の歌詞を理解するってのは、私にはたいそう難しいことですが、お若い方々はちゃんと聴き取れているんでしょうかねぇ・・・。パッと分かるゼ!、っていうのであれば、やはり老化が進んでいる私の聴力の問題なんでしょうなぁ〜。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

大掃除

 いつもこの時期になると「もっと暖かい時期にやっていればよかったなぁ〜」と思うのが大掃除。

 まもなく平成最後の師走を迎えますが、今年の汚れを落としてきれいにしなければならない所がたくさんある・・・。大きいので言えば、床のワックス塗りだし、後は台所のガスレンジ周りや家中の窓拭き等々・・・。特にワックス塗りを暖かい時期にやっていれば乾くのも早いから、寒い年末にやるよりは作業がテキパキ進んだはずだよなぁ〜。

 

 でもね、夏の暑さが収まった頃に「そろそろやろうかな?」と何度も思いましたが、結局は「もう少し後でいいな」とか「あ、今週末は忙しい」とか「やっぱ大掃除は1年の締めくくりとして年末だよな」等と、やらない理由がポコポコ出てきて、もう11月の下旬になっちまったよ・・・。

 つまりは、面倒でやりたくないってわけです。で、年末になって足下に火が付いてからバタバタやることになる・・・、こりゃ学生時代の試験勉強と変わらんじゃないか・・・。

 

 以前、美容院で見た雑誌に「お掃除の技」的な特集があったんですが、1週間の中で、今日は玄関周りとか、今日は台所のこの部分というように、曜日を決めてこまめに掃除をしておけば常にきれいな状態が維持できるようで・・・。

 「ほぉ〜、なるほどね」とは思いましたが、私はそこまでちゃんとできないなぁ〜。

 

 そうは言っても、まもなく年末の時期に入るから、やれる範囲で気になっている所を少しずつ整えていこうと思っております。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

忍者ネコ

 この間ネットを見ていたら「忍者ネコ」の記事が載っていました。「そりゃ何だ?」と思って読んでいたら、まさにうちのミーじゃね〜か、と・・・。

 

 最近の彼のマイブームなんですが、我々の思いも寄らぬ場所に潜んでグースカ寝ておるのだ・・・。

 さっきまでいたよな、と思っているけど、姿が見えないので気になって探し始めるんですが、呼べど答えずどこにもいない・・・。

 やっと探し当てて「ミー!」と声をかけると、面倒くさそうに薄目を開け大きなあくびをした後、むっくり起きて背伸びをし、また丸くなる、って感じ・・・。

 

 タンスの戸棚に入って私の普段着を下に落として寝ている・浴室のタオル入れの戸棚を開けてフカフカのタオルの上で寝ている・居間の棚の上のケースの中で丸くなっている・扉を閉め忘れたタンスの奥で寝ている・・・、これらの場所は今までに発見できた場所ですが、そこにもいない時があるんですなぁ〜。

 

 一番困るのは、出勤の際にミーにお留守番のお願いをしようとして「あれ?いないなぁ〜」という時・・・。

 時間が迫っているのに、どこにもいないので心配になるんですが、遅刻するわけにはいかんので、後ろ髪を引かれる思いで出かけます。でもね、帰宅すると、ちゃんとドアの前で待っていて、ゴロンと床に転がる「お帰り!」ポーズでお出迎え・・・。

 この忍者ブームはいつまで続くんでしょうかねぇ〜。

 

 

<余談>

 寒い日が続いています。身体が寒さに慣れていないせいなんでしょうが、全身が縮こまる感じ・・・。こりゃ交感神経がバリバリ働いているよな・・・。

 いよいよ冬が来たんですね。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark