まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 閻魔様 | main | 私のゴールデンウィーク >>

誇り

 私は時々「誇り(proud)」のことを考えます。

 まぁ日本では通常「プライドが高い」と言えば「高慢」という風になりますが、英語的にはそういうネガティブな意味では使わないようです。「高慢」は「big ego」と言うらしく・・・。

 つまり、本来の「proud」はその人の「尊厳」を意味ずるポジティブな言葉・・・。

 

 「尊厳」という言葉はむずかしいですが、私は「その人らしく生きる」ことであり、それは誰にも邪魔できないものだと思います。

 まぁこの世知辛い世の中で「自分らしく生きる」ことは至難の業であるわけですが、たとえ今の現実が過酷であったとしても、心の中では「自分はこうありたい」という思いを忘れないことがその人自身を支えるのではないか、と・・・。

 

 難しいことですが、「今は○○だけど、やがては自分が生き生きする人生を送りたい!」と願い続ける努力はその人自身を守ることだと私は思うんです。「守る」とは攻撃からの防御という意味ですが、もっとポジティブな面もあるんじゃないかなぁ・・・。

 どういう状況にあっても「こうありたい」と願い続けることが、その人の人生を変えていくと私は信じているんです。

 

 英語に「You should be proud of yourself.(あなた自身を誇りに思いなさい)」という表現がありますが、順風満帆な時だけでなく、シンドイ状況の中で踏ん張り続けている自分に対しても、その生き方を誇りに思っていいとおもいます。・・・それから、本当に苦しくなった時に、その問題を前向きに解決するための行動として、病院やカウンセリングを選択できた自分も誇っていいんです。

 

 

<余談>

 令和という新しい時代が幕を開けました。一度も戦争に巻き込まれなかった平成が終わり、それに続くこれからの時代をどう作っていくか、というのは、たぶん「誰か」ではなく私たちひとりひとりに委ねられていると思います。しっかりと生きていきたいですよね。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.little-tree-iwate.com/trackback/1372
この記事に対するトラックバック