まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自己イメージ | main | 芽が出始めたんだけど・・・ >>

同じ言葉でも・・・

 今朝のニュースで、羽生選手がフィギュアスケートグランプリのロシア大会SPで、世界記録を更新する高得点で首位に立った、というニュースをみました。・・・たいしたもんだねぇ〜。

 

 でね、私が「ほぉ〜」と思ったのは、インタビューで彼が答えた言葉・・・。羽生選手は「うまくやれたとは思うけど、まだ足りない」的な話をしていました。ド素人の私から見れば100点満点じゃね〜の!と思うわけですが、彼は「まだ頑張らねばならん」と・・・。

 

 「自分はまだ努力が足りない」とか「もっと頑張らないと・・・」という言葉ですが、彼の場合はネガティブ思考からきているものではないよなぁ〜と思います。自分の力に確固たる自信があるからこその言葉だと・・・。今回の自分の滑りをみて「まだやれる!」と新たな意欲を燃やしているんだと思います。

 自己否定感が強い場合の「努力が足りない・・・」は、心のエネルギーを減退させますが、羽生選手の場合は真逆かもしれませんなぁ〜。同じ言葉だけど全然違うよね・・・。彼に対しては「十分頑張った!」と褒めることはふさわしくないかも・・・。本人はその言葉に違和感を抱くだろうからねぇ〜。

 

 それまでの成果を踏まえて自分の可能性を信じている、というか自己肯定感に裏付けられた「努力が足りない」という言葉を言う人に対しては、褒めるよりも激励が良いんだと思います。

 たぶん、親や先生が子どもに声をかける場合にも、その子の状態をちゃんと見極めて言葉を選んだ方がいいんじゃないかなぁ〜。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.little-tree-iwate.com/trackback/1303
この記事に対するトラックバック