まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 冬の準備 | main | 10分 >>

聴きたい曲

 巷にはたくさんの曲があふれていますよね。その様々な曲の中から、私たちの心は「その時聴きたい曲」を自然に選んでいるようです。

 お気に入りのアーティストの曲を楽しむのはもちろんだけど、そうじゃない曲でも、ふと聴いた一曲が心にグッと迫り何度も聴く、っていうこともあるかと・・・。そのことを考えてみようと思います。

 

 「その時聴きたい曲を選んでいる」ってことをわかりやすい例で言うと、失恋した時にそれをテーマにした曲を繰り返し聴いている、っていう場合・・・。これは曲の歌詞etcが自分の気持ちを代弁してくれるので、受け止めてもらっている気がして落ち着くからなんじゃないかなぁ・・・。そして、その世界に浸りながら少しずつ心を整理していけるんだと思います。

 だから、落ち込んでいる時には無理して元気な曲を聴く必要は無いんだよね。自分が元気を取り戻せば自然にそういう曲を求めるようになるはず・・・。

 

 テンションを上げたい時、今ここで踏ん張る理由が欲しい時、満ち足りている時、やり場の無い怒りor哀しみをぶつけたい時etc、私たちは自分の気持ちを代弁してくれる曲を聴きたくなります。・・・そういう意味では、音楽というのは人生の様々な場面で私たちのそばに寄りそう大事な存在なのかもしれません。

 ある曲を聴くとその当時の記憶が鮮やかに蘇る、というのも、その曲と当時の自分の心が密接につながっていたからなんでしょうなぁ〜。

 

 

<余談>

 ふと思い出しましたが、私は「どこかで春が」(確かそういう曲名だったような・・・)という歌を聴くと、何となく悲しい気持ちになるのだ・・・。具体的な記憶は無いけれど、その感情だけが残っているようです。・・・音楽にはそういうものもあるねぇ〜。

 この曲と私の「悲しさ」がつながっているのは確かだけど、記憶がロックされているのかor単に忘却したのかその理由はわからん・・・、おもしろいもんだねぇ〜。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.little-tree-iwate.com/trackback/1298
この記事に対するトラックバック