まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぬか漬け | main | 6月の営業日 >>

まず「知ろうとする」こと

 私には後悔してもしきれないエピソードがあります。それはLGBTの当事者のこと・・・。

 

 もう数十年も前のことですが、私が若い頃に親しくなった女性がいました。彼女とはボランティア活動を通して知り合い、家に遊び行く程の関係性を築いたんです。

 しばらく経ったある日、彼女は私に自分がレズビアンであることを打ち明け、恋人である女性がいることを話してくれました。

 打ち明けられた私は困惑しました・・・。彼女を嫌いにはならなかったけど、どう対処すればいいか分からなかったんです。・・・それからまもなく私は仕事の転勤でその地を離れ、そのまま現在に至っています。

 

 今でも私は、自分が彼女に対して行った失礼な態度を思うと「ワァ〜ッ!」叫びたくなる衝動に駆られるんですよ・・・。彼女は私を信じ勇気を出してカミングアウトしたはず・・・。葛藤し、躊躇を繰り返した末での告白だったと思います。・・・その気持ちを考えると本当に本当に心が痛みます。

 

 現代になって、やっとLGBTへの理解が進み始め、光が少し差し込むようになってきましたが、当時はそうではありませんでした。困惑することしかできなかった愚かな私がそれ・・・。

 悪意がないとしても「無理解」であることは残酷な結果を生むと思います。私たちは、まず理解することから始めなければなりません。LGBTに限らず、関心を持ち知ろうとすべきことはたくさんあるはず・・・。

 

 長い後悔の年月を経て考えるのは、彼女の必死な思いを踏みにじった過去の事実は変わらないけれど、自らの残酷さを自覚したことで、彼女によって変容させてもらえた現在の自分がいるのではないか、ということ・・・。

 だから、彼女への贖罪は、今後私が出会う多様な方々を自然体で受け止められる心の器を広くするために精進を重ねていくことだと思っています。

 

<余談>

 ・・・思うんだけど、当事者の周囲にいる人たちも「無理解」であったことで葛藤することもある・・・。だからこそ、色々なことに対して知ろうとし考えていく人々が少しでも増えていく世の中にしないとね。

 

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.little-tree-iwate.com/trackback/1240
この記事に対するトラックバック