まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 私も動き始めます | main | 呼吸は大事 >>

取り説

 家電製品には「取り扱い説明書」が付いていて,うまく使いこなすためにはそれをちゃんと理解する必要があります。

 

 我々人間も,自分の「取り説」を作っておくと生きるのに楽かもしれません。それは、能力的なことだったり情緒的なことだったりetcという自分の得意不得意をちゃんとつかんでおく、ってこと。

 特に,自分の苦手さの部分を理解しておくことは大事な気がします。この場合の「理解する」ってのは「自己否定」じゃないんだよなぁ。「〜が出来ない自分はダメだ」ではなく、冷静な気持ちで「あ、これは苦手なんだな」と思う、ってこと。

 

 得意不得意というのは,単なる人それぞれの「違い」なので、善し悪しでみるものではありません。

 私は、前回のブログに書いたように顔認識が苦手・・・。さらに空間認知の能力も低いので方向音痴だし、洋裁の型紙を見ても具体的なイメージがつかみにくいし、絵だって描けない・・・。まぁそれでも別の能力を発揮してここまで生きておる。

 人によっては「おしゃべりが苦手」という場合もあるでしょう。そういう人は無理におしゃべりするのではなく、上手な聞き役になればいいし、仕事を選ぶ時には、接客ではない業種を選べばいいetcというように、自分の不得意な部分を知ることで、何らかの対処の仕方が見えてくると思うんだよね。要は、出来ないことで落ち込むんじゃなくて、対処法を色々と考えていくことなんじゃないかなぁ。その模索の中で、別の能力が開発されていく可能性だってある・・・。

 

 中高年になってきて「若い頃よりも生きやすくなってきた」と感じる人は、おそらく、それまでの様々な失敗を経て、自分の「取り説」ができあがった、っていうことなのかもしれません。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.little-tree-iwate.com/trackback/1225
この記事に対するトラックバック