まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

表と裏

 思春期のお子さんたちのお話を聞いていると、この時期の正義感みたいなものを感じます。大人にしろ、同級生にしろ、先輩にしろ「表と裏があるのは許せない!」っていう憤りを覚えるようで・・・。

 私みたいに人生を長く生きていると、「そりゃ人間だもん、表と裏とを使い分けていくのはしかたがないかも・・・」と思ってしまいますが、初々しい心を持っている時代には許せないことに思えるんだろうねぇ・・・。

 

 まぁ、彼ら彼女らが特に腹が立つのは、ある同級生の「先生方や先輩たちの前での良い子アピール」みたいです。他の人たちがいる時には明るかったり優しかったりするのに、いなくなると全然態度が違うじゃね〜か!!って感じ・・・。(こういう子は、今に限らず昔もいたよなぁ〜)

 表ではキラキラしているけど、裏は真っ黒みたいなので、そういう人と同じクラスで一緒に暮らしていると、色々な場面で義憤に駆られるようで・・・同情してしまいます。

 でもね、私はその気持ちを聞きながら、話しているその子は地道に頑張っている自分のこともちゃんと認めて欲しいのかもしれないなぁと思ったりします。

 

 

<余談>

 今日はお天気が良いけど風が冷たいなぁ〜。ちょっと風がやんだ時の陽射しの暖かさが嬉しい・・・。

 太陽の光ってすごいです。夏の頃はギラギラし過ぎていて辟易したけど、寒い季節になるとその有り難みがよう分かる・・・。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

違い

 我が家の庭の一角には彼岸花のエリアがあるんですが、今そこに青々とした芽が長く伸びています。

 去年は真っ赤な独特の花を見せてくれたのに今年は何故か咲かなかったので、我が家の土には合わなかったのかなぁ〜と思っていたら、先週辺りから芽が出始めて今は20センチ以上伸びておる・・・。

 冬に向かうこの時期に芽を伸ばすってのはど〜いうことだ??と思いますが、きっと、来シーズンに備えて、日の光を浴びて栄養を蓄えようとしているんでしょう。

 他の植物たちとは違うので、ちょっと戸惑いますが、これがこの子たちのペースなのかもね・・・。

 

 そもそも生き物というのはそれぞれなんだよね・・・。

 たまたま人間たちは「社会」を作って集団で生きているから、みんなと同じような生き方を期待されますが、本来は「皆さんご一緒に!」ではないそれぞれの生き方があっていいんだと思います。

 

 集団の中でバリバリ活躍するのが好きな人もいればそれが苦手な人もいるし、器用な人もいれば不器用な人もいるし等々・・・、それらは単に「違い」に過ぎず、優劣ということではないんです。

 集団で暮らしながらも、人それぞれの「違い」が尊重され、互いが生かし合うような社会になればいいんだけどね。

 金子みすゞさんの詩に「みんなちがってみんないい」というフレーズがありますが、その大切さを考えていかなければなりません。

 

 

<余談>

 今日はお天気が良いので、用意していた腐葉土を庭全体に蒔こうと思います。これで、今シーズンの庭仕事はひとまず終了・・・。あとは、春の出会いを楽しみにして待つだけです。庭仕事をするようになってから「信じて待つ」ということを覚えました。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ほめて欲しい

 思春期の少年少女たちのお話を聞いていると、ほめて欲しいんだなぁ・・・と感じることがよくあります。

 

 思春期は人生の中でも自意識が過剰になる時期なので、自分が他者からどう評価されているかが気になってしまう苦しい日々・・・。自信を持てなくなるんだよね。

 特に、クラスや部活動の仲間たちが輝くような活躍を見せていると、頑張っても全然目立たないので取り残された気分になり、やがては「もういい!」となってしまうことも・・・。

 

 「ほめる」というのは「おだてる」ことではありません。思春期の子はおだてられることをむしろ嫌います。瞬間的に察知するみたいで・・・。

 大げさに言うのでもなく、また誰かと比べるのでもなく、その子が何気なくやったポジティブな言動に対してタイムリーに気づき、「お、いいね!」とか「助かったよ、ありがとう」等のさりげない言葉をかけてあげると、その子の心の中にふわっと良い空気が入っていくんじゃないかなぁ〜。

 また、浮かない表情をしている時に「大丈夫か?」等の声をかけることも大事・・・。

 

 子どもたちは、誰かがちゃんと自分を見てくれていると実感できれば、その子のベストを尽くして頑張るんです。そういう素直な心を持っています。

 子どもの心に希望の灯火をともしてあげることは、周りにいる大人の大事な役目だと私は思います。

 

 

<余談>

 ほめて欲しい、温かく見守って欲しいと思っているのは、子どもに限らず大人もだよね・・・。人間というのは幾つになってもそういうもんなんじゃないでしょうかねぇ〜。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ネガティブな自己暗示

 5月から始めた私のヨガは、現在のところ継続中・・・。でもね、何をやっても長続きしない傾向のある私は、この状態に半信半疑なんですなぁ〜。10年ほど前にもヨガに挑戦したけど、行けない理由を見つけちまって中断しました。だからまだ安心はできません。

 ただね、今回は「老後に備えて体幹を鍛えねばならぬ」という明確な目的があって始めたので、今後気持ちが萎えそうになっても「老後に備えて」のキーワードが効果を発揮するかも・・・。

 

 そのためにも、私は「何をやっても長続きしない」という自己暗示をやめようと思います。

 ネガティブな自己暗示をかけていると、ターニングポイントで知らず知らずのうちにそれに合わせた選択をし、結果うまくいかないから「やっぱりな・・・」と強化しがち・・・。まるで、ダメな自分を再確認するかのようにそんな選択をするってわけだ・・・。

 こういう悪循環は、自分の可能性を自分自身で狭めてしまいますからなぁ〜。

 

 過去はどうあれ、これからのことは分からないもんです。そのためにも、自分の内にあるネガティブな自己暗示を少しでも和らげていけるといいよね。

 

 

<余談>

 ヨガは、しゃにむに頑張りすぎず、途中でお休みを入れることがあったとしても、淡々と続けていこうと思っています。続けることが出来るかもしれないという自分の可能性を信じてみようと・・・。

 何しろ「老後に備えて」身体を整えておくのは、私にとっては現実的に必要なことだからねぇ〜。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

笑う

 ふと、「最近は腹を抱えて笑うことがないなぁ〜」と思いました・・・。

 まぁ私の場合は、仕事柄、いつも落ち着いた感じでいて、あまり笑うことはない日々を過ごすことになるわけですが、・・・プライベートな時間に笑うことがあっても、「腹を抱えて」のレベルにはいかないねぇ〜。

 

 子どもの頃とか若い時代には、けっこうそういうことがあったように思いますが、年を重ねてからは腹を抱えるほど笑うことがほとんどないような・・・。少し残念な気がします。

 昔は、笑い過ぎてお腹が痛くなったり、笑いながらしゃべった声が裏返ったりしてさらに笑ってしまうとかいうことがあったんだけどね・・・。

 

 なんか調査でも年齢が上がるにつれて「笑い」が少なくなる傾向にあるみたいですが、これは物事の道理を知りすぎて、新鮮な感性を忘れてしまったせいなんでしょうかねぇ〜。自由な子ども時代と違って、大人になると仕事や家庭やらの苦労が増えてくる、っていう背景もあるんでしょうか・・・。

 

 でも、「笑う」ってことは何歳になっても大事な気がします。「腹を抱えて」のレベルじゃなくてもいいから、温かい気持ちで自然にクスッと笑える心を忘れないでいたいもんだよね。

 

 

 

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

自分を認めてあげましょうよ

 この仕事をしていると「私には良いところなんてありません」という言葉をよく聞きます。思春期の少年少女たちもそうだし、大人の方からも・・・。

 まぁ日本人は謙譲の美徳というか、あまり表だって自己アピールすることは得意ではないので「いやいや私なんか・・・」となる傾向があるとは思います。

 

 でも、中には美徳としてではなく、心の底から「良いところなんてない」と確信している方々がいます。こうした自己否定感の強さによって、常に周囲の反応に過敏になるし、行動に自信がもてなくなるし、起こった出来事が本当は自分のせいではないのに反省モードに入ってしまいます。これでは心は疲弊しエネルギーがどんどん減っていく・・・。

 私はね、こうした方々のお話を聞いていると、その方の一生懸命さを感じるんです。生きにくい人生に倒れそうになりながらも必死に自分と戦いながらサバイバルしている・・・。そういうひたむきさに頭が下がるんです。

 

 世の中には、アレコレ全部を他人のせいにして「自分は悪くない!」と言い張る人もいます。それは一見強い人のように見えますが、そうやって構えていないと崩れてしまいそうな自分がいるわけだから、本人は気づいていないとしてもたぶんシンドイ状態・・・。

 でも、「良いところなんてない」と悩む人は、そういう自分と向き合おうとしている人です。そこを出発点にして、「自分を変えていこう!」と強く決心すれば、その努力の先に、今までとは違う世界の景色に出会えるかもしれません。

 

 まずは、できなかったとしても「ちゃんとやろうとした自分」を認めることから始めていきましょう。結果ではなく、「自分の思い」を大事にする努力を重ねていくんです。自分の内のポジティブな部分にちゃんと光を当てるという積み重ねが大事だと私は思っています。

 私なんか失敗だらけの日々ですが、だからこそ「ちゃんとやろうとしたんだよな、今日はそれでよし!」っていう言葉を自分に言い聞かせています。甘やかし過ぎじゃね〜の、と思うくらいにね・・・。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

子どもとゲーム

 ゲーム・ネット依存の問題が最近注目されています。先日、それをテーマにした講演を聞き、その深刻さを改めて感じました。

 「依存」という意味ではギャンブルや薬物などと同じなんですが、「発症年齢が低い」という点が大きく異なります。ここを親御さんにはぜひ認識して欲しいなぁと思います。子どもなので、のめり込むことに迷いがないし、ハマり続けていく時間も果てしなく長くなるので・・・。

 最近の傾向は、据え置き型よりも手軽なスマホのゲームにハマる子どもたちが増加しているようです。子どもの頃から自分のスマホを持つ時代だから、ゲームだけでなく動画視聴も、いつでもどこでも無制限にやれるようになりました。

 

 専門機関のゲーム・ネット依存への本格的な取り組みは始まったばかりなので、改善のための効果的な実践の積み重ねをしている段階・・・。まだ模索中というわけです。

 なので、現時点では、まず「入り口」の部分(いつからやり始めるか?)が重要、ということになるんですよね。「発症年齢が低い」との戦い、というか・・・。

 よく言われることですが、「安易に与えない・与える場合は親子でルールを話し合いそれを破った時にはその都度親子で向き合う・現実の生活を充実させる」等々・・・といった依存への予防策が重要になるわけで・・・。ただ、これが現実には案外難しいんだよね・・・。

 でも、幼児期からやり始めて中学生になった頃には依存状態になってしまった我が子を改善しようとするのは本当に困難だし、親にも相当な覚悟が必要になります。場合によっては、親だけでなく専門機関との連携が必要になるでしょう。

 

 だから、親御さんには「幼いほど子どもは迷いなくのめり込む」という依存の現実を考えて欲しいなぁと思います。そして、我が子にスマホを与える場合には、向き合い続ける覚悟を決めて欲しいなぁと思います。

 

 現代では、スマホやPCはどこの家庭にもあるし、便利なのも事実なので無くすことはできません。

現実の生活をしっかり保ち、気分転換の一つとしてゲームやネットを楽しむ、というバランスの取れた付き合い方について、大人も子どもも考えなければならない時代になりました。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

友人関係の変化

 昨日は盛岡に行き、久しぶりに会った友人と美味しいランチ&おしゃべりを楽しみました。彼女は秋田に住んでいるし、互いに仕事もあるので休みを調整して会えるのは年に1回・・・。

 私が秋田に行ったこともあれば、彼女が水沢に来てくれたこともありますが、大体は今回のように盛岡で会うことが多いかな・・・。

 年に1回しか会えませんが、価値観が同じなので様々な話題を楽しく共有することができます。

 

 ところで、友人との関係性は成長するにしたがって変化していきます。

 幼い頃は、家が近所だとか親同士が知り合いだとかいう環境によることが多いんですが、成長していくと近所だとか親がどうのという環境には左右されなくなります。行動範囲も広がるからでしょう。

 そして思春期になると、幼い頃と違って「理解し合える人」を求めるようになります。これは「自分はどういう人間か?」というアイデンティティを形成していくプロセスで、価値観を共有し確認し合えるような関係を求めるからなんだと思います。ただし、この時期の難しさは「いつも一緒にいたい」っていう部分が出てくることで、・・・これを巡って友人関係のトラブルが起りがち・・・。

 

 これが、大人になっていくと「理解し合える人」を求めるのは同じですが、「いつも一緒」にこだわらなくなるようです。時々会うだけで満足でいるようになるんです。これはアイデンティティが確立したことで精神的に自立できたからでしょう。

 また、友人の数の多さではなく、価値観を共有できる少数精鋭の友人で十分!というのも大人になるとよくあること・・・。たった一人いるだけで満足できるかもしれません。

 

 成長に伴う友人関係の変化というのはおもしろいなぁと思います。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

不安の中身

 感受性が強い思春期の子どもたちのお話によく出てくるのは「みんなが恐い」という言葉・・・。この「恐い」について聞いてみると、「みんなにどう思われているか不安」っていうパターンが多いなぁと思います。

 ちなみに、「みんな」というのは、クラス(or部活動)の人たちだったり、仲良しグループのメンバーたちだったり、同世代の人たちだったりと、その人によって色々です。

 

 で、さらに「不安」な気持ちを具体的に聞いていくと、・・・これが様々なんですよ。

 「迷惑をかけているんじゃないか」「能力の無さが露呈するんじゃないか」「見捨てられるんじゃないか」等々・・・。「不安」という言葉で表現されているけど、これらの中身は微妙に違うんですよね。だから、フォローする場合のポイントも違う・・・。

 

 言葉の奥にある気持ちをちゃんと聞かないと分からないなぁと、いつも思います。

 

 

<余談>

 ついに「ピーちゃんのヒマワリ」が咲き始めました。昨日は久々の晴天でしたが、陽射しを受けて輝く黄色の花がまぶしい感じ・・・。ピーちゃんは知らないだろうけど、私はエネルギーをもらいましたよ。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

寄る年波・・・

 最近、身体が若い頃のようにいかなくなってきたのを実感します。まぁ中高年になれば誰でも身体のどこかにイマイチな部分が出てくるんだろうからそう驚くことではない・・・。何十年も使っていればあちこちにガタがくるのは仕方の無いことですからなぁ〜。

 

 我が腱鞘炎も一進一退だし、高めのコレステロールも・・・。

 そうえいば、コレステロールに関しては薬を飲むようになってから数値が基準値以下になりましたよ。薬ってすげ〜な・・・。それでふと思ったんですが、内科等の「常用の薬飲んでますよ」ってのは中高年のあるあるですなぁ〜。私もこれからはおばはんたちのお薬トークに加われそ〜。

 

 まぁこれからは「老化による○○」が少しずつ増えてくるんでしょうが、これも自然の流れなんだと思います。健康面だけでなく、肌のハリや体力気力等々もね・・・。

 実感し始める「老化」とどう関わっていくか?は中年期の課題の一つ・・・。加齢による様々な変化に過剰反応せず、必要なケアを必要な分だけ淡々とやっていくのがいいんじゃないでしょうか。なんと言っても中年期のテーマは「柔軟性の獲得」ですから・・・。

 

 私は精神的にはまだまだ若い気がしているけれど、・・・この「精神的に若い」っていう部分は大事だと思うんで、せめてこの部分はキープできたらいいなぁと・・・。

 

 

<余談>

 今日は午前中から日が差しているので実に気分がよろしい!

 7月も中旬を迎えると「梅雨明け」がいつか?が気になりますが、明ければ明けたで猛暑の日が続くんでしょうか・・・。でも、カラッと晴れた日が恋しいのも事実だな・・・。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark