まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

毛がわり??

 うちのまったりニャンコの話です。

 最近ミーの毛がよく抜けるんですよ、まるで毛がわりの時期のように・・・。初めは、円形脱毛症か??と思って身体中の皮膚を見たんですがそういう気配は全く無い・・・。

 でも、ジャンプすれば毛がフワフワ飛ぶし、なでれば手にいっぱい付くんですよね・・・。

 

 先日、衣服をクリーニングに出したら、「ワンちゃんかネコちゃんを飼っていますか?」と聞かれ、「はい」と答えると、そのスタッフの方は少し申し訳なさそうに「毛がたくさん付いているので、処理代として200円頂きます」と・・・。

 私からその話を聞いた夫は、出す前にコロコロでズボンの毛を取っております。

 

 動物の毛がわりって、夏にかけてと、冬に向かう時期だと思うんですが、・・・まだ真冬の1月だっていうのに、ミーは毛がわりをしているようで・・・。夏毛に変わるなら時期的に早いだろうし、冬毛になるってのも遅すぎるし、・・・よう分からん。

 おい、いったいどういうことだ?と膝の上のミーに尋ねても、面倒くさそうに薄目を開けて私を見上げるだけです。

 自然の中で生きる野良ちゃん達と違って、年がら年中家の中で暮らしているから、そういうサイクルは関係ないんでしょうかねぇ〜。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

忍者ネコ

 この間ネットを見ていたら「忍者ネコ」の記事が載っていました。「そりゃ何だ?」と思って読んでいたら、まさにうちのミーじゃね〜か、と・・・。

 

 最近の彼のマイブームなんですが、我々の思いも寄らぬ場所に潜んでグースカ寝ておるのだ・・・。

 さっきまでいたよな、と思っているけど、姿が見えないので気になって探し始めるんですが、呼べど答えずどこにもいない・・・。

 やっと探し当てて「ミー!」と声をかけると、面倒くさそうに薄目を開け大きなあくびをした後、むっくり起きて背伸びをし、また丸くなる、って感じ・・・。

 

 タンスの戸棚に入って私の普段着を下に落として寝ている・浴室のタオル入れの戸棚を開けてフカフカのタオルの上で寝ている・居間の棚の上のケースの中で丸くなっている・扉を閉め忘れたタンスの奥で寝ている・・・、これらの場所は今までに発見できた場所ですが、そこにもいない時があるんですなぁ〜。

 

 一番困るのは、出勤の際にミーにお留守番のお願いをしようとして「あれ?いないなぁ〜」という時・・・。

 時間が迫っているのに、どこにもいないので心配になるんですが、遅刻するわけにはいかんので、後ろ髪を引かれる思いで出かけます。でもね、帰宅すると、ちゃんとドアの前で待っていて、ゴロンと床に転がる「お帰り!」ポーズでお出迎え・・・。

 この忍者ブームはいつまで続くんでしょうかねぇ〜。

 

 

<余談>

 寒い日が続いています。身体が寒さに慣れていないせいなんでしょうが、全身が縮こまる感じ・・・。こりゃ交感神経がバリバリ働いているよな・・・。

 いよいよ冬が来たんですね。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ネコの能力

 以前、Eテレの「ろんぶーん」という番組で、ニャンコ研究の論文を紹介していました。ニャンコの記憶力はどんなか?等々・・・。

 

 で、それを見て我が家のミーを観察するようになったわけで・・・。まぁ人間ほどではないけれど、彼なりにちゃんと考えながら行動を選択しているようです。

 「記憶力」に関しては、時間が経ってもそれが持続できていて、遊びたくなるとお気に入りのおもちゃを保管している場所のそばに行って私の方をじ〜っと見ています。おやつを置いてある所も同様で、帰宅するとその袋が床に落ちていていじられていることもあるのだ。

 それから、「ニャンコはワンコと違って、悪戯を注意されてもそれを忘れて何度も繰り返す」って話を聞くけど、ミーを見ていると、叱られた記憶を無くすというよりは「またやりたい!」っていう欲求の方が勝ってしまう感じ・・・。

 

 感情は人間のように細分化していないけど、一緒に暮らしていると彼の気持ちが伝わってくるのがおもしろい・・・。表情や仕草で色々なメッセージを積極的に伝えてきます。

 ただし、共感性は未発達だな・・・。幼児期の初期の頃のような自己中心的な認知です。悪気は無いけど、常に「自分」が優先されている、って感じ。・・・ってことは、うちのミーは人間で言えば2歳くらいの知能なんでしょうかねぇ〜。

 

 知能はそんな感じですが、身体能力はすごい・・・。遊びながらのジャンプは、壁を蹴って私の身長を超えるほど跳びますからなぁ〜。日頃の訓練の成果で、彼の太ももの筋肉はがっちりしているんですよ。・・・まぁこれが何の役に立つかといえばはなはだ疑問ですがね。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ミー

 お盆で帰省していた間、愛猫ミーはペットホテルでお留守番でした。いつもお世話になっている病院で預かってくれ、温かくお世話してくれるので助かります。

 

 引き取りに行った時に、「元気でしたが、淋しそうでしたよ」と言われました。なんでも、食欲が無かったらしく・・・。

いつもの大食いミーからは考えられないことですが、たぶん、いつも暮らしている場所と違うし、「なんか父ちゃん母ちゃんがいないんだけど・・・」ってことでテンションが下がったんでしょうなぁ〜。

 先代のニャンコたちに比べると、ミーは内弁慶かも・・・、案外ビビりなんだねぇ〜。

 

 ミーは、自宅に着くまでの間ずっとカゴの中で鳴いていました。相変わらず、小猿のようなキャッキャッとか、口の形を見ると「ミャ〜」と鳴いているつもりなんだろうけど、終わりの「〜」の部分が聞こえない鳴き方でね・・・。そのニャンコらしくない鳴き声を聞いて「あぁミーが帰ってきた」と実感・・・。

 

 自宅に連れ帰ってからは、のんびりまったりしています。淋しがっていた、っていう割にはすごく甘えてくるわけでもなく普段通りのマイペースですがね・・・。

 お盆が終わり、我々にもミーにも「日常」が戻って来ました。

 

 

<余談>

 今日は、まるで「秋」のような爽やかなお天気・・・。以前までの暑さが信じられないくらいです。例年の岩手はお盆を過ぎると涼しくなってくるから、これからは、たとえ暑さが戻って来たとしても、許容範囲の暑さなんじゃないかなぁ〜。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ミーの変顔

 我が家のミーは子猫の頃から何故か風呂場が好きです。入浴後の風呂場に必ず入って行くんですが、理由はわからん・・・。

 まるで風呂場監督のように、洗い場を歩いた後に,湯を抜いた浴槽の中に入ってクンクンし、そのまま箱座りになってしばらく出てこない・・・。

 

 廊下と風呂場エリアの間にはアコーディオンカーテンがあるので、簡単には出入りができないようになっていますが、ミーはカーテンと床のわずかな隙間からモソモソやっているようで・・・。先日、点検を終えて出てくるところを見てしまいました。その顔がたいそう気持ち悪かったんです。

 

 まず鼻先が隙間から見え、次いで目の部分が出てくるんだけど、狭い所を押し込んでくるので、まん丸いはずの目が耳の方に引っ張られてチョー細目になってしまうのだ。しかも、細目なのに目を開けようとしているのでとても変な顔つきになる・・・。

 ぐいぐいやっているうちにポン!って感じで顔全体が出るので、引っ張られていた部分が戻り、いつもの可愛い顔になります。でもね、何故かそこで休憩するので、アコーディオンカーテンと床の間に顔だけが見える図、ってもの変・・・。

 

 毎日、入浴後の風呂場点検を頑張っているミーですが、狭い隙間から無理矢理顔を出し入れし続けていたら、少しずつ顔の皮が伸びていくんじゃないでしょうか・・・。数年後、ミーの頬の皮がビヨ〜ンと垂れてしまったら、ブルドッグ状態だよなぁ・・・。

 

 

 

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

サイレントニャー

 ミーは先代のニャンコたちと違って「ニャ〜」とは鳴きません。小猿のようなキャッキャッという感じや、口の形は「ニャ〜」なのに音声が聞こえないパターン・・・。

 で、ネットで調べてみたら、声にならない「ニャ〜」を「サイレントニャー」と言うようで・・・。初めて知りましたよ。

 

 なんでも甘えの最高峰の鳴き方なんだそうですなぁ〜。人間の耳が拾える音域を超えているので聞こえないだけで、ネコたちの間ではちゃんと聞こえるらしい・・・。当然ミー自身にも聞こえておる・・・。ほぉ〜、そうか、鳴けないんじゃなくて甘える時の鳴き方だったのか・・・。

 

 しょっちゅうではないけれど、確かに、ミーがサイレントニャーをする時ってのは、トコトコやってきて私の前にちょこんと座り、まん丸い目でじ〜っとこっちを見てからだよなぁ〜。そして、サイレントニャーの後、喉をゴロゴロ鳴らしながら膝の上に来るって感じです。

 今まで「おいミー、ちゃんと鳴こうよ」と言っていましたが、とんだ間違いでしたなぁ〜。

 ニャンコと暮らして長くなりますが、知らないことはまだまだありそうです。

 

 

<余談>

 サイレントニャーの後に膝に乗ってくるミーの身体をゴニョゴニョなでるのは気持ちがいいけれど、・・・重い。体重が5キロを超えているので、数分もすると足全体がしびれてくるのだ。彼はご満悦ですが、私は難行苦行の状態になる・・・。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ミーの抗議

 先日の夜、愛猫ミーの様子が変だったんですよ。

 用意した夕ご飯も全然食べてないし、いつもはこたつの辺りにいるのに姿が見えない・・・。家中を探すと、居間の隅に置いてある棚の中にうずくまっていました。「ミー、ど〜した?」と声をかけても機嫌悪そうに薄目を開けるばかり・・・。

 体調が悪いのかな?と思いましたが、診察時間も終わっていたので、まずは翌朝まで様子を見ることにしました。

 

 翌朝のミーは、動きも軽やかだったし、たいそうお腹をすかせているように見えたので、夕ご飯にあげたのとは違うフードをお皿に入れてみました。そしたらね、あっという間完食・・・。その後も走り回って元気でしたよ。

 

 ・・・で、試しに、その日の夕ご飯に、前日と同じフードをあげると、クンクン匂いを嗅いだだけで離れていき、部屋の隅っこで箱座り体勢になったんですなぁ〜。・・・どうやら、このフードが気に入らないらしい。

 

 ってことは、あの夜のミーは「おいらの好物のフードをくれ!」という彼のハンガーストライキだったのかもしれぬ。

 おそらく、彼なりの抗議として「食べてやるもんか!!」と頑張ったものの、空腹のあまり元気がなくなったんでしょう。棚の中にいたミーに声をかけた時、私を恨めしそうに見ていたのはそのせいだったんだね・・・。

 

 今でも、お気に入りのフードはバクバク食べますが、気に入らないものはスルーです。・・・先代のニャンコたちはそれなりに受け入れてくれたんですが、ミーは頑としていうことを聞かんのだ・・・。

 

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

ミーのマイブーム

 我が家の家猫ミーの最近のマイブームは、脱衣場にあるタオルを入れている棚の中でスヤスヤ寝ること・・・。取っ手が付いてある棚ですが、自分で開けて入るようで・・・。

 

 それが発覚したのは先日のことです。姿が見えないなぁと思ってあちこち探していたら、脱衣場の棚の扉が開いていたんですよ。で、中をのぞいてみたら、タオルをベッド代わりにして丸くなって寝ているミーを発見・・・。声をかけると、面倒くさそうに薄目を開け、狭い中で背伸びをした後、「ん?ど〜した?」って顔でこっちを見ておった・・・。

 「おいおい、ど〜した?じゃね〜よ」と、棚から引っ張り出すと、タオルがどさっと一緒に床に落ちてしまいました。洗って干したフカフカのタオルだったのに・・・。

 その後も、仕事を終えて帰宅すると、例の棚の扉が開いている日が続くし、フカフカのはずのタオルが丸くヘコんでいるので、日中はそこでくつろいでいるんでしょうなぁ〜。

 狭いし暖かいしお気に入りの場所なんだと思います。ミーの気持ちは十分にわかりますが、・・・我々が困るのだ。対策をせねばならぬ。

 

 おもちゃだとか昼寝場所とかのマイブームは度々変化しますが、「西側の窓の監視」だけは今のところ継続中。朝と夕方は必ず窓辺に陣取ってカラスさんたちをジ〜ッと見ておる・・・。

 

 

<余談>

 今日は衣替え。予報では、朝から晴天のはずで、日差しの恩恵を受けながら衣替えがやれるはずだったけど、午前中の今はドンヨリ空・・・。

 まぁトホホお天気の中でしたが、衣類だけじゃなく住環境も整えたので、いつ寒さが来ても大丈夫です。・・・それにしても、これからは日を追うごとに寒くなっていくんだと思うと、なんだか寂しい・・・。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

カラスとミー

 秋の気配を感じる最近は、カラスの大群を目にするようになりました。家族で過ごす繁殖期が終わったので、群れで行動する季節を迎えたんでしょうが、夕暮れの中で電線に無数の黒い影が並んでいる情景を見るとドキッとしますよね・・・。

 

 ところで、我が家の家猫ミーですが、この時期になると、夕方は西側の窓辺に陣取っております。窓の向こうには電線があり、そこにカラスの群れがやって来るんです。鳴き声も賑やか・・・。

 ミーは、電線に止まってはまた飛び立って・・・を繰り返しているカラスたちを、尻尾を左右に振りながらジ〜ッと眺めているわけで・・・。たまに家の近くまで飛んでくるカラスがいると、狩猟本能が刺激されるのか、網戸に前足をかけて尻尾をバサバサ激しく振っています。・・・でも、ミーには太刀打ちできない相手なんだよな・・・、まぁ背中をつつかれて終了でしょう。

 そんなことも想定できない箱入りニャンコなので、彼は夕方になると、西側の窓辺で監視を続けておる・・・。

 

 この間、ミーの姿勢がいつもより低いなぁ〜と思ってそばに行ったら、なんと彼は窓のさんに顎をのせておった・・・。よほど長い時間外を見ていて疲れたんでしょうが、なんとも変な格好になっていました。緊張感ゼロだな・・・。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

だるまさんが転んだ

 昨日、偶然ですがミーと「だるまさんが転んだ」遊びをしました。

 私が仕事部屋でデスクワークをしていた時、気配を感じて入り口を見たら、ミ―が部屋に入ろうとしていました。私と目が合うと、ミーはその場でピタッと止まったんです。

 私がちょっと横を向いたら歩き始めたんで、またミーを見るとピタッと止まる・・・。前足を一歩先に出したまま動きを止めて私をジ〜ッと見ている姿が面白く、思わず笑いそうになりました。

 調子に乗った私が、今度は振り向きざまに両手を広げたら、止まったままこっちを凝視しているミーの背中の毛が少し逆立ったんですなぁ〜。ビックリしたらしい・・・。

 ますますテンションが上がったので、両手を広げ「グワァ〜!」と声を出しながら振り向いたんですが、そこにいたのは寝そべっているミー・・・。

 両手を広げたまま、何とも言えない空しさに襲われましたよ。・・・これが猫なのだよ。

猫の話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark