まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

10月の営業日

 9月も今週で終わりですね。今朝はドンヨリ&肌寒い・・・。最近では「今年の夏はすごく暑かった」という記憶はあるけれど、暑さの実際の体感を少し忘れ始めている感じで、気分はもう秋に向かっておる・・・。

 黄金色の田んぼやススキの穂を見ていると、いよいよ秋が訪れたんだなぁ〜と実感します。こうやって季節は巡っていくんだねぇ〜。

 美味しいものがたくさん出回る秋ですが、日の短さを実感するので、何となくもの寂しいよね・・・。

 

 さて、10月の営業日をお知らせします。現時点での空きは以下の通り・・・。

  1日(月)・・・1時〜、2時半〜、4時〜、5時半〜

  6日(土)・・・11時〜、1時〜、2時半〜、4時〜

  10日(水)・・・1時〜、2時半〜、4時〜

  13日(土)・・・1時〜、2時半〜、4時〜

  15日(月)・・・1時〜、2時半〜

  17日(水)・・・2時半〜、4時〜、5時半〜

  20日(土)・・・11時〜、1時〜、2時半〜、4時〜

  22日(月)・・・1時〜、2時半〜、4時〜

  27日(土)・・・11時〜、1時〜、2時半〜、4時〜

  31日(水)・・・1時〜、2時半〜、4時〜、5時半〜

 

 ご予約を検討中の方はお早めにお問い合わせくださいませ。おいでをお待ちしております。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

いつか使うかも・・・

 十数年前に教員を退職した時に、国語関係のアレコレを大量に処分しました。自分の一部を捨て去るような気分に襲われましたが、今後使わないことは明らかだったので断腸の思いでサヨナラを告げたわけで・・・。

 

 でもね、困っているのは大量処分した時に捨てられずに残しておいた物たちがまだまだある、ってこと・・・。

 思い出として残した物もあるし、「いつか使うかも」的な感じで残した物も・・・。

 

 問題は、この「いつか使うかも」なんだよなぁ〜。だって、その「いつか」がなかなか来ないんですから・・・。今まで来なかったってことは、おそらく今後も来ないってことでしょう。それなのに、何故か思い切れないんだよね。

 

 この「いつか使うかも」問題は、私に限らず多くの人々を悩ませているんでしょうなぁ・・・。

 

 

<余談>

 今日はお彼岸。今は亡き愛しい魂たちに手を合わせてこようと思います。

 そういえば、昨年の秋に「彼岸花」の球根を3つ買って植えたものの、なかなか芽が出なかったんですが、そのうちの1本が芽を出してくれました。

 すっと伸びた茎の先の花になる部分が赤く色づいています。今日の陽射しを浴びて花開くんじゃないかなぁ〜。滑り込みセーフで季節に間に合った、って感じ・・・、嬉しいです。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

金木犀

 我が家の金木犀がやっと咲きました・・・。このときをず〜っと待っておったのだ。

 

 3〜4年前に植木市で苗木を購入し、庭の一角に植えたんですが、今まで花を付けることがありませんでした。2年くらいは咲かない、と聞いていたので、その間は穏やかな気持ちで待っていたんだけど、それ以降は「ここが気に入らないのかな・・・」と、期待しつつも半ば諦めムード・・・。でもね、数日前からオレンジ色の小さな花がたくさん咲き始めたんです。実に嬉しい!!

 満を持して咲いた金木犀は、庭中に得も言われぬいい香りを運んでくれています。本当に芳しい香りなんです。

 

 「信じて待つ」と言葉で言うのは簡単だけど、実際には難しいことですよね・・・。待つと言いながらも、どうしても期待しているから自分で何とかしたくなってしまいます。そして、思うようにならないと、今度は裏切られる傷つきから逃げたくなって期待そのものを手放したくなる・・・、

 私の「金木犀問題」も同じでした。去年あたりからは「花が咲かなくても『庭木がある』ってだけでいっか・・・」と、花への期待を捨ててしまったんですなぁ〜。

 

 でも、我が家の金木犀は、私の目には見えなかったけど、私が期待を捨てていた間も、花を咲かせる準備をずっとし続けていたんですよね。・・・なんだかとても大事なことを教えられた気がしました。

 

 「機が熟する」と言いますが、「その時」がいつなのかは誰にも分かりません。でも、表面には見えなくても「その時」に向けて絶え間なく動き続けている何かが必ずあるんだと思います。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

久しぶりの海

 昨日、久慈に住む友人に会いに行ってきました。そして、小袖海岸を散策しましたよ。

 快晴の中で眺める海は本当に美しかったなぁ〜。

 時間帯のせいか波が高かったので、穏やかな海ではなかったんですが、岩場や切り立った崖にすごい勢いで打ち付ける波が白く砕けて、空と海の青さに映え、まさに「ザ・リアス式海岸」って感じでしたよ。絶え間なく聞こえる潮騒の心地良かったし、潮の香りもサイコーでした。

 

 それにしても、容赦なく岩に打ち付ける波や、はるか沖からうねって押し寄せてくる大きな波を見ていると、すさまじい力に圧倒されますなぁ〜。風景的には本当に美しかったけれど、その一方で恐ろしさも感じたわけで・・・。

 

 私は宮古生まれのせいか、「海」を五感で感じるとエネルギーが全身に入ってくる感じがします。・・・昨日はいっぱい補給できました。

 

 

<余談>

 日帰りだったので忙しかったんだけど、プチ旅行って感じでこのパターンもいいなぁ〜と・・・。

 海を堪能した後は友人の家で、ちょっと着物の着付けを教えてもらいました。

 今後は、プチ旅行しながらの「海&着付け教室」を私の年間計画に組み入れようと思います。そうすればエネルギーしながら、「着物姿のカウンセラー」の夢に近づけるんじゃないの・・・?人生の楽しみがまた増えた感じ・・・。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

中年期の生き方 1

 以前に「老年期」について書きましたが、これから時々このテーマで書いてみようと思います。

 

 だいたい30代頃から60代半ばまでを「成人期」と言います。けっこう長い期間なんだよね・・・。なので、前期と後期に分けてとらえます。一般的に「中年期」って言われるのは「成人期の後期」にあたるわけで・・・。

 

 老年期には「自分の人生をまとめ上げる」っていう人格的なテーマがありますが、「成人期」にも大事なテーマがあります。しかも、この時期に獲得した人格的な力が老後の幸福感etcを左右するんじゃないかなぁと・・・。

 特に「中年期(成人期後期)」にどういう自分であるか、ということは大事な気がします。この時期の生き方が老年期の生き方につながり、人生の幕の降ろし方につながっていくと思うから・・・。人生の中でも重要な期間です。

 

 中年期のテーマは「育てる」ってことと、「人生の問い直し」・・・。これらを日々の暮らしの中で模索していくんですが、中年期になると人生上の様々な変化や困難さがあるので、なかなか道は険しいんですよね。人生の中で一番苦しい時期かも・・・。

 まぁ、こういうことについて、これから時々書いていきます。

 

 

 

<余談>

 この連休は、庭のお手入れをしたいと思います。暑さを言い訳にして、夏の草取りをサボったために、雑草の領地がえらく広がってしまったのだ・・・。ガンバレ、私。

 

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark