まんまる猫

飼っている猫のこと、ココロの話、癒しの話、etc
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

老後の暮らし方 2

 前回、「現役引退」をテーマに、人生の第一幕から第二幕への舞台転換で新しい自分の境地を切り拓いていく可能性について書いてみましたが、行方不明だった二歳男児が昨日無事に発見されたニュースで、発見者である78歳の尾畠さんの姿にその象徴を見た気がしました・・・。

 

 ニュースからの情報しかなく、本人に直接お会いしたわけではないので、彼のことをよく分からないまま書いていますが、65歳の誕生日を区切りに、それまでの魚屋を営む生き方にきっぱりピリオドを打ち、ボランティアとして活動する道に転身した彼の姿はすごいなぁと・・・。しかも、インタビューで見る彼には、飾らず、地に足をしっかりつけて生きている強さを感じます。

 

 「今までみなさんのお世話になってきたから、これからはその恩返しをしたい」「学もない自分がやれることをやっているだけ」・・・そういう思いで全国各地でボランティア活動をしているようですが、これはなかなかできることではありません。

 

 彼は、ずっと登山をしてきたようですが、人生の第二幕ではその経験が生かされているし、ボランティア活動を始めてから身につけたノウハウも磨かれていったはず・・・。まさに、老いてもなお発達し続けている姿だと思います。

 

 第一幕の人生でやってきた何かが第二幕を生きる土台になり、必要な技や視点にさらに磨きがかかっていく――、本当にすごいです。

 彼の存在は、いわば「逸材」ですが、私たちが「自分の人生の最終章をどう生きるか?」ということを考えさせてくれるヒントになるんじゃないかなぁ・・・。

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

老後の暮らし方 1

 現代は「超高齢社会」に突入したと言われています。

 確か、大正時代の平均寿命は40代、昭和の中頃は60代だったようですが、現代では90代に届きそうな勢いで伸びていますよね。昔は、一生懸命に働いて子どもを育て上げた頃には人生の幕が下ろせたんですが、今ではその後の人生が数十年も続く時代になりました。

 

 長い老後をどう生きるか?ということについては最近のメディアでもよく取り上げられます。私自身にとっても関心のあるテーマです。

 

 今回は、「現役引退」ということについて書いてみようと思います。

 「生涯現役を目指そう!」というフレーズをよく聞きますが、そのこと自体は悪くはないけれど、気をつけなければならない部分もあるんじゃないか、と思うわけで・・・。

 

 会社etcだと否応なく「定年退職」という区切りがあるので、当事者はそこで一度立ち止まって、自分の生き方を見直すことができます。でも、自由業etcはそれがないので、「現役引退」の決断は本人に委ねられますよね。だから、なかなか難しかったりする・・・。

 

 「現役引退」というのは、それまでの自分のアイデンティティを修正し直し、新しい生き方を模索するきっかけになります。今まで抱いてきた「○○としての自分」を手放すことは案外苦しい心の作業ですが、実は、それをしていくことで人格的な豊かさや新しい世界を手に入れることができると思います。

 その一方で、いつまでも過去の「○○としての自分」に執着し続けると、未来に向けた人生の視野が狭くなり、心の柔軟性が失われるかもしれません。

 

 「生涯現役」というのは、一つの生き方だけに執着することではなく、人生の第一幕〜第二幕〜第三幕という風に舞台転換をしながら、そこで見つけた自分自身の変化を楽しんで生きていくことなんじゃないかなぁ〜。

 

 

<余談>

 今日から夫の実家に行くので、ブログは少しお休みします。皆さま、よいお盆をお過ごしくださいませ。

 

 

ココロの話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

夏休みの課題

 子どもたちの夏休みも折り返し地点にきているのではないでしょうか・・・。数日前は涼しかったとはいえ、毎日のように暑い日が続いているので、課題に取り組むのも大変だろうと思います。

 私も子ども時代にはそれに悩まされておった・・・。当時は「夏休みの友」とかいう復習用のテキストと読書感想文や図画工作etcでした。今よりは少なかったんですが苦労しましたよ。

 「読書感想文」が最大の難関でしたなぁ〜。まず読む本を決めるのも大変だったし、本を読むのも、さらに感想を文章にまとめるのも困難の極みでした・・・。そういえば、「感想文」だけでなく、空間認知機能がイマイチな私には図画もトホホだった・・・。休みの終わる頃に母に叱られながら泣く泣くやっていましたよ。・・・おそらく多くの子どもたちも苦労しているんでしょうなぁ〜。

 

 ところで、私にも学校勤務のない休み中にやろうと思っている自主課題があります。休み明けにある二つの講演の準備、心理学教室で使うテキストの準備、2学期に出す「相談室だより」の原稿作り、仕事部屋の整頓etc・・・、色々あるんですが、現時点で一つしか終わっておらぬ・・・。

 お盆中はできないので、その前に!と思っていたんですが、ど〜もやる気のさざ波が来ないわけで・・・。このままだと、子どもの頃のように、終盤戦で慌てふためくことになるんだよなぁ。

 

 足下に火が付かないとやらない、っていうパターンは大人になっても直らないんでしょうね。・・・しかも、大人になったら、「バタバタしても最終的にはやれてきたし、そもそも人生そう焦らんでよろしい!」などと妙に開き直っている私がおる・・・。

 

 

<余談>

 今日はナガサキ被爆の日・・・。73年前に思いを寄せ、平和な世界が続くことを祈りたいと思います。

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

平和

 8月は日本にとって戦争と平和を考える月・・・。

 今日はヒロシマに、9日はナガサキに原爆に原爆が投下され、多くの死傷者が出ました。放射の被害は現在進行形で続き苦しんでいる、今もなお苦しんでいる人々がたくさんいます。

 それでもなお世界の核開発はやまず、一触即発の危機にさらされながら、私たちは生きていかなければなりません。まるで、薄氷の上を歩いているようなもんだよね・・・。戦争に核が使われたという事実は過去のものではなく、現在と未来につながる危機ですから・・・。

 

 今日本に住む私たちはかろうじて戦争に巻き込まれてはいませんが、それでよしとせずに、世界の情勢を知ろうとすべきだし、戦争と平和についての自分考えをしっかり持たなければならないと思います。

 

 平和を守るために何をすべきか?というのは、決して大きなことではなく、「今日は良いことができた」とか「誰かのために何かできた」とかいうささやかな行為や、花や動物や誰かetcを愛しいと感じる心を日々の暮らしの中で大事にしていくことかもしれません。

 また、生命を脅かすことに対して毅然として「NO!」と言える強さや、人間同士の中にある「違い」を優劣などと切り離して受け止められる度量を持つ人間になっていく努力が必要かもしれません。

 

 平和は与えられるものではなく、私たち自身が日々のささやかな暮らしの中でこつこつと積み重ねていくものなんだと思います。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

 毎日暑い日が続いているので、庭の草花やプランター野菜たちのために朝晩の水やりを頑張っているんですが、涼しい時間帯なので、蚊のヤツめが出てくるのが困る・・・。なので、水やりの前に虫除けスプレーを手足に吹きかけてから出陣しています。

 でもね、家に戻ってから、なんだか痒いなぁと思って見ると、スプレーをかけ忘れた部分を刺されておるのだ・・・。ヤツらも生きるために必死だから、目ざとくみつけるんだろうねぇ〜。

 

 連日展開している私と蚊との攻防戦ですが、この間ふと『耳なし芳一』の怪談話を思い出しましたよ。

 平家の亡霊に呼ばれて琵琶の弾き語りをしていた芳一の顔に死相が現れていたのに気づいた和尚さんが、彼の身体中に経文を書くんだけど、つい耳に書くのを忘れてしまったために、怒った亡霊にもぎ取られてしまった、っていうお話です。

 経文が書かれていなかった部分を襲われる、ってのは、私の虫除けスプレーVS蚊と同じではないか・・・。芳一さんに感情移入してしまいます。・・・一生懸命にやっていただけなのにあんな酷い目に遭うなんて、全く理不尽極まりないよ・・・。

 

 しかし、最近は、蚊のおかげで私のスプレー噴射の技はずいぶん向上したのである。昨日の夕方も今朝も刺されておらん。技の鍛錬のきっかけというのは色々なところに転がっているもんなんですなぁ〜。まぁ、虫除けスプレーの技は、あまり人生には関係ありませんけどね。

 

 

<余談>

 腹が立つほどの暑さが続いています。しばらく前の長期予報で「今年の夏は猛暑」というのは聞いていたので、一応覚悟はしてましたけど、あまりにもひどいではないか・・・。

 日本に限らず世界中でも大変なようですが、・・・人間が生み出した温暖化に、当の我々が苦しめられている、ってことなんでしょうか・・・。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark